2016年01月20日

ひめます孵化完了

12月中旬に最初の孵化を確認してから約1ヶ月。
冬休み中に全ての卵が孵化しました。

稚魚を観察してみると,面白いことに気づきます。
分かるかなあ?

IMG_7866.jpg

IMG_7869.jpg

正解は・・・・・・・

稚魚は皆,ほぼ同じ方向を向いて泳いでる。
そして,できるだけ身を隠せる暗い場所に集まろうとする。

です。

自慢気に話していますが,すべて漁協の荻沢さんから教えてもらった話です。_(._.)_


posted by 十和田湖小学校 at 10:09| 十和田湖ひめます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月17日

孵化確認!!

ひめますの採卵から約2ヶ月。
待ちに待った日がようやくきました。 
学校の水槽で育てていた卵から,とうとう今日最初の1匹が孵化しました。 (*⌒▽⌒*)

IMG_7662.jpg

IMG_7660.jpg

写真では分かりづらいかもしれませんが,体長約5mm,頭としっぽ,お腹に大きなオレンジの袋をぶら下げています。

子どもたちは毎朝観察を続け,「まだかな,まだかな」と首を長くして待っていたので,発見した瞬間は水槽におでこをくっつけて大はしゃぎ。
これからどんどん孵化してくるので,とっても楽しみです。

posted by 十和田湖小学校 at 10:07| 十和田湖ひめます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月01日

ひめます検卵

今日から師走  。
今年も残すところあと1ヶ月です。

さて,10月中旬に行ったひめますの採卵から1ヶ月半。
受精卵とそれ以外を分ける「検卵」を行いました。
和井内孵化場長の荻沢さんの指導の下,約4600個の卵をひとつひとつ確認しながら,専用の道具で振り分けていきます。

IMG_7332.jpg
オレンジの卵の中に見える黒い二つの点は稚魚の目。

IMG_7263.jpg

IMG_7273.jpg
受精卵とそれ以外の分別作業。

IMG_7323.jpg
専用の箸で卵をつまみ,正確な数をチェック。

これから約半年間,学校の水槽で観察記録を付けながら育てていきます。
水温の管理やエサの量にはとっても神経を使いますが,来年6月の放流式には,体長5〜6pになるまで育てた稚魚を孵化場の稚魚と一緒に放流できるようにお世話していきます。

毎年繰り返されるこの営みがあるからこそ,「十和田湖ひめます」を守っていけることを実感します。



posted by 十和田湖小学校 at 07:40| 十和田湖ひめます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月16日

今年も大漁だぁ〜〜〜。

2年ぶりの地引き網。
今年はひめますの遡上が早かったため,網にかかるかどうかみんな心配そう。

みんなで力を合わせて網を引き,
IMG_5769.jpg

引き上げた網には大漁のひめますが!!
IMG_5801.jpg

捕ったひめますをオス・メスに選別し
IMG_5836.jpg

メスから卵を取り出しました。
IMG_5887.jpg

IMG_5869.jpg

12月頃には検卵をし,その後学校で孵化させ,来年6月の放流式まで育てていきます。
子どもたちにも「十和田湖ひめます」を守っていきたいという強い思いが育ってきていて,とてもうれしいです。

この体験活動ができるのも,十和田湖増殖漁業協同組合のご協力があってのことなので,とっても感謝しています。
漁協の皆さん,ありがとうございました。 


posted by 十和田湖小学校 at 12:10| 十和田湖ひめます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月19日

ジャンプ,ジャンプ

今が盛んなひめます遡上。ところが狭い水路は大渋滞。湖で順番待ちをしている状態です。
すると,湖面でジャンプするひめますたち。1匹ならよくあることですが,集団で飛び跳ねている様子は漁協の人もあまり記憶にないそうです。珍しい光景ですよ。

IMG_4416.jpg



posted by 十和田湖小学校 at 14:00| 十和田湖ひめます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする